林紀夫 医師 (はやしのりお)

関西労災病院

兵庫県尼崎市稲葉荘3-1-69

  • 消化器科
  • 病院長

消化器科 内科

専門

消化器内科。特に肝炎及び肝がん

林紀夫

林紀夫医師は、肝炎、肝がんを専門分野として治療に当たる一方、発症機構の研究や病態の解明、治療法の開発に取り組んできた。日本肝臓学会の理事長、厚生労働省の肝炎治療戦略会議の座長を務めるなど、ウイルス性肝炎、特にC型肝炎発症機構を免疫学的・分子生物学的に解明することで新たな治療法の開発に大きく貢献。検診や治療について一般の人の理解が得られるよう市民講座やセミナーの講師として積極的に講演活動を行っている。肝炎検診の無料化や医療費助成など患者の治療環境の整備にも精力的に取り組む。

医師プロフィール

1972年3月 大阪大学医学部 卒業
1972年4月 大阪大学医学部第一内科
1973年8月 関西労災病院内科
1974年7月 大阪大学医学部第一内科
1979年9月 米国テキサス大学医学部生化学教室研究員
1981年5月 大阪大学附属病院助手(医学部第一内科)
1987年8月 大阪大学附属病院講師(医学部第一内科)
1997年4月 大阪大学附属病院助教授(医学部第一内科)  
1998年9月 大阪大学教授(大学院医学系研究科分子制御治療学)
2005年6月 大阪大学教授(大学院医学系研究科消化器内科学)
2007年4月 大阪大学医学部附属病院院長
2010年4月 関西労災病院院長 現在に至る
(更新日:2017年1月30日)