熊田博光 医師 (くまだひろみつ)

虎の門病院分院

神奈川県川崎市高津区梶ヶ谷1-3-1

  • 肝臓内科
  • 分院長(兼部長)

消化器科 内科

専門

肝炎

熊田博光

熊田博光医師は、虎の門病院では30代で消化器グループのリーダーに抜擢。大学並みの研究室を作り「臨床に役立つ研究」を推進してきた。B型肝炎において薬を急に中止しその反動でウイルスを殺す「ステロイド離脱療法」を発見。現在では、核酸アナログを主体とした治療を行っている。C型肝炎においては、最近では、プロテアーゼ阻害剤を含む3剤併用療法、内服薬のみの治療に勤しんでいる。内服薬のみの治療は今までインターフェロンの副作用により治療ができなかった患者や不適格者そして代償性肝硬変患者にも投与できるようになった。

診療を受けるには

初診の場合は紹介状を持参。

医師プロフィール

1947年生まれ
1972年 岐阜大学医学部 卒業
1972年 虎の門病院病理学科
1977年 同病院消化器科
1986年 同病院消化器科医長
1989年 同部長
2004年 同病院副院長
2007年 同病院分院長

所属学会

日本肝臓学会理事・評議員・指導医、日本消化器病学会評議員・専門医・指導医、日本内科学会評議員・認定医・指導医、日本消化器内視鏡学会指導医、日本癌治療学会、日本超音波学会、日本免疫学会、日本成人病学会、日本緩和医療など

主な著書

『専門医がやさしく教える 肝臓病』(2007年PHP研究所) 
(更新日:2014年5月20日)