塩沢丹里 医師 (しおざわたんり)

信州大学医学部附属病院

長野県松本市旭3-1-1

  • 産科婦人科
  • 教授、科長

産婦人科 婦人科 がん

専門

婦人科腫瘍

塩沢丹里

塩沢丹里医師は女性の生涯にわたる悩みに対応する、地域の中核病院として同科を率いる。正確な病態診断と徹底した治療前カンファレンスにより、個別化した医療の提案を心がける。周産期、婦人科、不妊症の各分野において高度な診療を展開。中でも子宮頸部嚢胞性病変の対応に関しては、国内でも屈指の豊富な実績を有している。また新たな研修プログラムを組むなど産婦人科医の育成にも力を注ぐ。病期によって生じた身体的な苦痛や、精神的なつらさを緩和し、予防する治療する支持緩和療法にも力を入れている。

医師プロフィール

1986年3月 信州大学医学部 卒業
1990年3月 信州大学医学部産婦人科学修了
1990年4月 信州大学医学部助手
2001年 信州大学医学部講師
2005年 信州大学医学部助教授
2007年 信州大学医学部准教授
2008年 信州大学医学部教授
(更新日:2014年5月20日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会