小西郁生 医師 (こにしいくお)

国立病院機構 京都医療センター

京都府京都市伏見区深草向畑町1-1

  • 産科婦人科
  • 院長

産婦人科 がん 婦人科

専門

子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん

小西郁生

小西郁生医師は、婦人科がんのスペシャリスト。正確な診断が正しい治療のために重要であると考え、丁寧な医療面接後、綿密な病理組織診断と画像診断を行う。小西医師自身、婦人科の病理を専門としていることから、精度の高い診断技術を誇る。治療は最新のエビデンスに加え、患者の要望、QOL、社会的背景を最大限に尊重し、他科と協力した広範囲の手術や、化学療法・放射線療法を含む集学的治療を行い、優れた成績を残している。卵巣がんの新しい治療法の開発に取り組む傍ら、子宮頸がん予防ワクチン公費助成を要請するなど、予防接種の普及にも力を入れる。

診療を受けるには

小西医師の診察は木曜。事前に要確認すること。

医師プロフィール

1952年 香川県小豆島生まれ
1976年 京都大学医学部卒業
1988年 京都大学医学博士
1992年 米国アーカンソー医科大学留学
1999年~2007年 信州大学医学部産科婦人科学教授
2007年10月~ 京都大学医学部婦人科学産科学教授
2011年~2015年 日本産科婦人科学会理事長
2016年 国立病院機構京都医療センター院長

所属学会

日本医学会連合(理事)、世界産婦人科連合(FIGO、婦人科腫瘍委員会委員)、国際婦人科癌学会(IGCS、プログラム委員会委員)、日本産科婦人科学会(顧問、指導医)、日本婦人科腫瘍学会(監事、婦人科腫瘍専門医、指導医)、日本癌治療学会(名誉会員)

主な著書

『WHO Classification of Tumours』 
『Precision Medicine in Gynecology and Obstetrics (Comprehensive Gynecology and Obstetrics)』(2019年Springer)
『Obstetric and Gynecologic Surgery (OGS Now)』シリーズ 
『子宮頸部腫瘍の診断と治療』
『新女性医学大系』 
など111編(分担執筆および編集)、英文論文354編、和文論文180編(共著含む)
(更新日:2019年9月30日)

同じ疾病を専門とする医師一覧