櫻木範明 医師 (さくらぎのりあき)

北海道大学病院

北海道札幌市北区北十四条西5丁目

  • 婦人科
  • 教授、科長

婦人科 がん 産婦人科

専門

婦人科がん

櫻木範明

北海道大学病院婦人科で教授として婦人科グループをリードしている。婦人科のエキスパートとして「社会的にも大きな貢献を果たす」という使命感のもと、がんの治癒をめざすだけでなく、患者の心身両面のQOL(生活の質)を考慮した患者に優しい治療をモットーに現代の女性医療に向き合っている。妊娠・出産の可能性を残す機能温存や、術後の排尿障害軽減のための自律神経温存などに取り組む。これらの実績がネットや書籍といったメディアで数多く取り上げられ、患者へ大きな期待や安心を送っている。子宮頸がん啓発団体ピーキャフ(PCAF)代表。

診療内容

櫻木医師を中心とした北海道大学病院婦人科グループでは、婦人科腫瘍学会員・細胞診専門医・内視鏡技術認定医が中心となり、女性のあらゆる年代にわたる悪性疾患の診断と治療に対応している。早期診断から手術治療・抗がん剤治療に至るまで幅広い分野をカバーし、患者の年齢や妊孕能温存(妊娠が可能な機能を維持すること)といった個別の状況を鑑み、しっかり話し合いを重ねながら最適の治療法を決定していく。
検査では、触診・超音波エコー・CT-scan・MRIなどが用いられ、それぞれの病態に応じた薬物療法・手術療法(開腹手術・腟式手術・腹腔鏡手術)などが取られる。豊富な経験を持つ櫻木医師の通算手術数は1,000例以上。
例えば、子宮頚がんに対する「北大式」(北大式機能温存広汎子宮全摘出術)と呼ばれる最新手術は、残すべき神経機能は残して排尿障害を防止し、卵巣温存・膣の短縮防止を実現したもので、数多くの良好な治癒成果を導いてきた。また子宮頸がん・子宮体がんに最先端の低侵襲手術であるロボット支援腹腔鏡下手術(ダビンチ手術)を臨床研究として2014年7月から実施している。
毎週月・水曜日の婦人科症例検討会にて個々に詳細に検討するとともに、放射線科との合同検討会を毎月曜日に、また病理部との合同検討会を毎木曜日に開催し、放射線治療専門医あるいは病理専門医の知識と技術を結集して治療に携わっている。
このように多角的なアプローチによって、根治性はもちろんのこと、患者の心身両面のクオリティ・オブ・ライフ(QOL・生活の質)を考慮した治癒を目指すものである。

医師プロフィール

1976年 北海道大学医学部卒業。
1982年 同大学院修了
1988年 同講師
1991年 米国ペンシルバニア大学留学(2年間)
1993年 札幌厚生病院部長
1996年 北海道大学講師
1999年 同助教授
2002年 現職