櫻木範明 医師 (さくらぎのりあき)

北海道大学病院

北海道札幌市北区北十四条西5丁目

  • 婦人科
  • 教授、科長

婦人科 がん 産婦人科

専門

婦人科がん

櫻木範明

北海道大学病院婦人科で教授として婦人科グループをリードしている。婦人科のエキスパートとして「社会的にも大きな貢献を果たす」という使命感のもと、がんの治癒をめざすだけでなく、患者の心身両面のQOL(生活の質)を考慮した患者に優しい治療をモットーに現代の女性医療に向き合っている。妊娠・出産の可能性を残す機能温存や、術後の排尿障害軽減のための自律神経温存などに取り組む。これらの実績がネットや書籍といったメディアで数多く取り上げられ、患者へ大きな期待や安心を送っている。子宮頸がん啓発団体ピーキャフ(PCAF)代表。

診療を受けるには

櫻木医師の担当は月曜。他の病院から北大を勧められたりセカンドオピニオンを希望する場合は、前の主治医の紹介状を携えて受診。

医師プロフィール

1976年 北海道大学医学部卒業。
1982年 同大学院修了
1988年 同講師
1991年 米国ペンシルバニア大学留学(2年間)
1993年 札幌厚生病院部長
1996年 北海道大学講師
1999年 同助教授
2002年 現職

所属学会

産婦人科専門医・細胞診専門医・生殖医療専門医・婦人科腫瘍専門医・日本臨床腫瘍学会暫定指導医・日本がん治療認定医機構暫定教育医・がん治療認定医

主な著書

『子宮頸癌・外陰癌の手術-理論と実際(OGS NOW 5)』(2011年メジカルビュー社)
『子宮体癌・卵巣癌の手術-基本術式と腫瘍進展に応じた戦略(OGS NOW 6)』(2011年メジカルビュー社)
(更新日:2018年2月9日)

同じ疾病を専門とする医師一覧