青木大輔 医師 (あおきだいすけ)

慶應義塾大学病院

東京都新宿区信濃町35

  • 産婦人科
  • 教授、診療部長

産婦人科 婦人科 がん

専門

婦人科腫瘍学、臨床試験、がん検診、遺伝性婦人科がん

青木大輔

青木大輔医師は、日本を代表する子宮がんのエキスパート。婦人科の病気には子宮筋腫、子宮内膜症、子宮頸がん、子宮体がんなどの子宮の病気や、卵巣がんなどがあり、病気の種類やその重さによっては、命を失うことになり、妊娠・出産の機会を奪うことにもなりかねない。とくに子宮頸がんは、ある程度病気が進むと子宮を全部摘出しなければならないが、青木医師は子宮体部を残す「子宮頸部円錐切除術」や「広汎性子宮頸部摘出術」で妊娠出産機能を温存するなど、女性の人生を考えた治療で信頼を集めている。

医師プロフィール

1982年 慶應義塾大学医学部 卒業
1988年 La Jolla Cancer Research Foundation(現・Sanford-Burnham Medical Research Institute)留学
1990年 国立東京第二病院(現・独立行政法人国立病院機構東京医療センター)勤務
1991年 慶應義塾大学医学部産婦人科助手
1996年 慶應義塾大学医学部産婦人科講師
2005年 慶應義塾大学医学部産婦人科教授
(更新日:2017年7月20日)