伊藤公彦 医師 (いとうきみひこ)

関西労災病院

兵庫県尼崎市稲葉荘3-1-69

  • 産婦人科
  • 副院長
  • 部長

産婦人科 婦人科 がん

専門

卵巣がん、子宮頚がん、子宮体がん

伊藤公彦

伊藤公彦医師は、婦人科がんの中でも、特に「卵巣がん」を専門とする権威である。同院産婦人科の副院長兼部長として業務を遂行しながら、悪性腫瘍の良い治療法を求めて臨床試験にも取り組んでいる。治療は、手術・放射線・化学療法を組み合わせた集学的治療を行い、免疫療法を含めた臨床試験にも積極的に取り組んでいる。患者に対しては「利益とリスク」を十分に説明し、同意を得た上で治療を行う「インフォームド・コンセント」を大切にしている。

医師プロフィール

1959年大阪府生まれ
1983年 奈良県立医科大学卒業、産婦人科教室入局
1984年 奈良県立医科大学大学院入学(生化学専攻)
1988年 奈良県立医科大学大学院卒業
1988年 兵庫県立西宮病院産婦人科勤務
2002年 関西労災病院産婦人科部長
2017年 関西労災病院副院長兼務、現在に至る
(更新日:2017年7月25日)