吉川史隆 医師 (きっかわふみたか)

名古屋大学医学部附属病院

愛知県名古屋市昭和区鶴舞町65

  • 産婦人科
  • 教授、科長

婦人科 がん 産婦人科

専門

婦人科がん

吉川史隆

吉川史隆医師は子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がんなどの婦人科がん治療の豊富な実績を持つ。手術療法・化学療法・ホルモン療法・放射線療法を病気の種類や進行期に応じて適切に組み合わせ、良好な治療成績をあげている。可能な場合には低侵襲手術を積極的に行い、妊娠を望む場合には妊孕性の温存を目指した治療を行う。難治性卵巣がんの新しい治療法として、ペプチドワクチン療法を実施。研究面でも高い評価を得ており、「日本婦人科腫瘍学会専門医制度指定修練施設」として、若い専門医の養成にも熱心に取り組んでいる。

診療を受けるには

原則予約制。紹介状を持参のこと。かかりつけの医療機関から診療申込書を送って初診を予約する。個人では初診予約はできない。

医師プロフィール

1981年 名古屋大学医学部 卒業
1986年 名古屋大学大学院医学系研究科 満了
1988年~1990年 米国国立衛生研究所 (NIH)  Visiting Fellow 採用
1990年 名古屋大学医学部付属病院 助手採用
1991年 名古屋大学医学部付属病院 講師昇任
1999年 名古屋大学医学部付属病院 助教授昇任
2002年 名古屋大学大学院 健康社会医学専攻(産婦人科学) 助教授配置換
2004年 名古屋大学大学院 健康社会医学専攻(産婦人科学) 教授昇任

所属学会

American Society of Clinical Oncology 、日本周産期・新生児学会、日本癌学会、日本癌治療学会、日本生殖医学会、日本産科婦人科学会常務理事・専門医、日本婦人科腫瘍学会理事・指導医、日本臨床腫瘍学会暫定指導医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本絨毛性疾患研究会代表世話人、婦人科悪性腫瘍化学療法研究機構理事、母体保護法指定医

主な著書

『単純子宮全摘術から広汎性子宮全摘術をめざして』(2003年 南山堂)

医師発信欄

名古屋大学医学部産婦人科 http://www.med.nagoya-u.ac.jp/obgy/
(更新日:2019年9月30日)

同じ疾病を専門とする医師一覧