片渕秀隆 医師 (かたぶちひでたか)

熊本大学病院

熊本県熊本市中央区本荘1-1-1

  • 婦人科・産科
  • 病院長特別補佐
  • 教授、科長

産婦人科 婦人科 がん

専門

婦人科腫瘍学を専門とし、とくに子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、絨毛性疾患などの悪性腫瘍、良性疾患では子宮内膜症や子宮腺筋症に詳しい

片渕秀隆

片渕秀隆医師は、婦人科腫瘍治療で日本をリードする存在で、臨床において不可欠の婦人科病理診断学のエキスパートとしての正確な診断に裏打ちされた治療により子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、絨毛性疾患、子宮内膜症・子宮腺筋症の名医として知られる。2010年3月、熊本県の支援の下に熊本県「私のカルテ」がん連携センターを設置し、熊本県のがん治療の地域連携クリティカルパス「私のカルテ」を導入し、現在6千人以上の患者さんの使用に至り、その先駆的取り組みにより全国から注目を集める。さらに、2015年4月には熊本県がん相談員サポートセンターを設置した。日本婦人科腫瘍学会の治療ガイドライン作成の責任者として長年にわたり携わってきた一方で、ライフワークの一つとしてティーンエイジからの「がん教育」に取り組む。その一環として、2008年からこれまで県内を中心に延べ80以上の高校・大学に自ら出向き「産婦人科、子宮、妊娠、そしてがん、そんなの私たちに関係ない?自分が生きていることを奇蹟と考えたことがありますか?」というタイトルで、命について考える授業を行っている。

医師プロフィール

1982年 熊本大学医学部 卒業
1988年 熊本大学大学院医学研究科卒業、医学博士
1993年 米国ジョンズ・ホプキンス大学医学部研究員(病理学)
2000年 JICAよりメキシコ女性の健康プロジェクト「子宮頸がんの早期発見と予後改善」の医療支援のため派遣される。
2004年 熊本大学大学院医学薬学研究部教授
2010年 熊本大学大学院生命科学研究部教授
2012年 厚生労働省医師国家試験問題出題委員(至 2015年3月)
2015年 日本学術振興会学術システム研究センター、専門研究員(至 2018年3月)

【現職】
熊本大学大学院生命科学研究部産科婦人科学講座、教授
熊本大学病院病院長特別補佐
熊本大学病院成育医療部門、部門長
熊本大学病院総合周産期母子医療センター、センター長
生殖医療・がん連携センター、センター長
熊本県「私のカルテ」がん連携センター、センター長
熊本県がん相談員サポートセンター、センター長
大分大学・長崎大学・島根大学、非常勤講師
(更新日:2019年10月18日)