矢谷博文 歯科医師 (やたにひろふみ)

オーラルケアステーション本町歯科

大阪府大阪市中央区本町3-6-4 本町ガーデンシティ4F

  • 歯科
  • 大阪大学名誉教授

歯科口腔外科 歯科

専門

顎関節症、顎顔面部慢性疼痛

矢谷博文

矢谷博文歯科医師は、顎関節症の研究者として長期にわたって取り組み、この分野において指導的立場にある。時代と共に変化してきた顎関節症の治療に精通し、常に患者の側に立った治療を心がけている。顎関節症は基本的には自然消退する疾患であるため、過剰治療にならないように留意しなくてはいけないと訴え、保存療法を第一とする治療を実践している。保存療法の中心となるのはスプリント療法と開口訓練などの運動療法に加えて生活習慣の改善、ストレスの軽減、睡眠習慣の改善、薬物療法などを実践する。

診療を受けるには

矢谷歯科医師の診察は、クリニックホームページ参照。

医師プロフィール

1980年3月 大阪大学 卒業
1984年4月 広島大学歯学部附属病院助手
1985年4月 岡山大学歯学部附属病院第1補綴科講師
1987年4月 岡山大学歯学部助歯科補綴学第一講座助教授
1995年11月 米国ケンタッキー大学歯学部 Orofacial Pain Center(Director:Prof.JP Okeson)留学
2000年4月 岡山大学歯学部歯科補綴学第一講座教授
2001年4月 岡山大学大学院医歯学総合研究科教授
2003年4月 大阪大学大学院歯学研究科教授
2006年4月 大阪大学歯学部附属病院副病院長
2008年10月 日本学術会議連携会員
2009年4月 大阪大学大学院歯学研究科 副研究科長
2012年4月 大阪大学大学院歯学研究科 口腔科学専攻教授専任
2020年3月 大阪大学名誉教授 定年退職

所属学会

公益社団法人日本補綴歯科学会(指導医・専門医)、日本顎関節学会(指導医、認定医)、日本歯科理工学会(デンタルマテリアルシニアアドバイザー)、日本接着歯学会(認定医)、日本口腔顔面痛学会、日本顎口腔機能学会、日本咀嚼学会、日本口腔インプラント学会、日本歯科医学教育学会、歯科基礎医学会、日本骨代謝学会、Asian Academy of Craniomandibular Disorders、(Country Representative)、Asian Academy of Prosthodontics (Vice President)、International College of Prosthodontists (Board of Councilors)、International Association for the Study of Pain、International Association for Dental Researchなど

主な著書

『クラウンブリッジ補綴学 第4版』(2009年 医歯薬出版/編集・共著) amazonでみる ⇒
『歯科補綴学模型実習マニュアル』(2010年 大阪大学出版会/共著) amazonでみる ⇒
『よくわかる口腔インプラント学』(2011年 医歯薬出版/編集・共著) amazonでみる ⇒
『プロソドンティックス 第Ⅰ巻』(2012年 永末書店/編集・共著) amazonでみる ⇒
『新編 顎関節症』(2013年 永末書店/共著) amazonでみる ⇒
『Okeson TMD』(2006年 医歯薬出版/監訳)
(更新日:2022年3月22日)