窪木拓男 歯科医師 (くぼきたくお)

岡山大学病院

岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1

  • クラウンブリッジ補綴科
  • 科長、教授

矯正歯科 歯科口腔外科 歯科

専門

顎関節症・口腔顔面の痛み、睡眠時無呼吸症候群、歯科補綴治療、口腔インプラント、口腔リハビリテーション

窪木拓男

窪木拓男歯科医師は、卒業後二十数年にわたり、一貫して顎関節症の治療を専門として携わってきた。国内外のメーカーと共同で睡眠時の歯ぎしりを測定する装置や義歯の土台となるインプラント治療で骨を形成する技術を開発するなど、研究者としての実績も高い評価を受けている。専門外来として顎関節症・口腔顔面痛み外来のほか、審美歯科外来、口腔インプラント外来、特殊義歯外来、金属アレルギー外来、スポーツ歯科外来、 顎顔面補綴外来も担当。現在、義歯の土台となる人工歯根の周囲に骨を作る技術を開発中である。

診療を受けるには

医師は指名可能。窪木歯科医師の顎関節症・口腔顔面痛み外来は木曜の午前9:00~12:00および金曜の午後13:00~16:00。紹介状がある時は原則として紹介医師から事前予約が必要。

医師プロフィール

1986年3月 岡山大学歯学部 卒業
1990年3月 岡山大学歯学研究科歯科補綴学博士課程修了
2004年4月 岡山大学医歯薬学総合研究科教授

所属学会

日本口腔顔面痛学会理事、日本補綴歯科学会理事、日本口腔リハビリテーション学会理事、日本再生歯科医学会理事、日本顎関節学会理事、日本接着歯学会理事、日本老年歯科医学会評議員、日本歯科理工学会評議員、岡山歯学会会長、日本骨代謝学会評議員、日本軟骨代謝学会評議員、日本口腔インプラント学会評議員、国際歯科研究学会日本部会評議員

主な著書

『より良いエビデンスを求めて』(永末書店)
『写真でマスターする顎関節症治療のためのスプリントのつくり方・つかい方』(2011年ヒョーロン・パブリッシャーズ)
『最新生理咬合学と顎関節症の治療』(クインテッセンス出版)

医師発信欄

同大学大学院医歯学総合研究科インプラント再生補綴学分野HP: http://www.dent.okayama-u.ac.jp/1hotetu/
(更新日:2018年2月5日)

同じ疾病を専門とする医師一覧