覚道健治 歯科医師 (かくどうけんじ)

大阪歯科大学附属病院

大阪府大阪市中央区大手前1-5-17

  • 大阪歯科大学名誉教授 臨床教授

歯科口腔外科 歯科

専門

顎関節疾患

覚道健治

顎関節症と顎変形症治療の権威。顎関節症については2012年まで、日本顎関節学会の理事長として、治療・研究をリードしてきた。また顎変形症については2013年の日本顎変形症学会学術大会の大会長を務めることが決まっている。得意分野は顎変形症の骨切り手術。痕を残さず、出血も少ない自己血輸血による手術を行っている。口腔の異常を治す疾患の治療だけに止まらず、止口腔と心をも含めた疾患の治療にも目を向け、口腔はもとより、精神的にも安心感と満足感が得られる医療を心がけている。

医師プロフィール

1974年3月 大阪歯科大学卒業
1979年3月 大阪歯科大学大学院修了(口腔外科学専攻)
1983年10月 大阪歯科大学口腔外科学第1講座 講師
1997年10月 大阪歯科大学口腔外科学第2講座 教授
2001年4月 大阪歯科大学附属病院 副病院長
2008年4月 大阪歯科大学附属病院 病院長
2016年4月 大阪歯科大学名誉教授 臨床教授
(更新日:2018年2月6日)