関洋介 医師 (せきようすけ)

四谷メディカルキューブ

東京都千代田区二番町7-7

  • 外科 減量外科センター
  • 臨床研究管理部 部長

外科 消化器外科

専門

内視鏡外科、減量・糖尿病外科(肥満症)、逆流性食道炎(胃食道逆流症)

関洋介

肥満症に対する減量・糖尿病外科治療(減量手術)、ならびに胃食道逆流症(GERD)に対する外科治療(腹腔鏡下噴門形成術)において、国内屈指の執刀経験を有する関洋介医師。外来、手術といった通常診療のみならず、臨床研究や後進医師の教育活動も積極的に行っている。国内外での講演や学会発表、論文、テレビなどのメディア出演多数。

医師プロフィール

1997年 大阪大学医学部卒業、大阪大学医学部附属病院(研修医)
1998年 公立学校共済組合近畿中央病院外科、麻酔科
2002年 大阪大学医学部消化器外科
その後、豪州フリンダーズ大学消化器外科(臨床フェロー)、大阪府立成人病センター(現:大阪国際がんセンター)消化器外科、米国ミネソタ大学外科(客員助教)を経て、
2009年より現職
(更新日:2018年2月16日)

同じ疾病を専門とする医師一覧