巴ひかる 医師 (ともえひかる)

東京女子医科大学東医療センター

東京都荒川区西尾久2-1-10

  • 骨盤底機能再建診療部
  • 教授、診療部長

泌尿器科 婦人科

専門

男女の頻尿・尿失禁など排尿機能・骨盤底機能障害、膀胱瘤や子宮脱などの骨盤臓器脱、間質性膀胱炎など

巴ひかる

巴ひかる医師は、TVT手術、TOT手術共に豊富な経験を有す女性尿失禁治療の名手。特にTOT手術を日本に広めたことでも知られる。腹圧性尿失禁の治療には、手術、薬物療法、骨盤底筋訓練等、患者のニーズに合わせた最良の治療法を提供している。TVT手術もTOT手術もほぼ局所麻酔で行い、日本では聞き慣れないウロダイナミックスタディー検査も実施している。そのほか、骨盤臓器脱の手術療法、難治性の間質性膀胱炎の診断・治療や泌尿器科悪性腫瘍の早期発見など、幅広い領域に積極的に取り組んでいる。

医師プロフィール

1983年3月 東京女子医科大学 医学部医学科卒業
1987年3月 東京女子医科大学大学院修了
1987年4月 同 腎臓外科助手
1991年6月 同 泌尿器科助手
1999年10月 同 附属第二病院(現 東京女子医科大学東医療センター)配転
2001年6月 東京女子医科大学東医療センター 泌尿器科講師
2011年1月 同 骨盤底機能再建診療部教授・診療部長, 泌尿器科教授 兼任
(更新日:2017年8月1日)

「女性泌尿器(尿失禁)」を専門とする医師