野間俊一 医師 (のましゅんいち)

京都大学医学部附属病院

京都府京都市左京区聖護院川原町54

  • 精神科神経科
  • 講師

精神科 神経科 内科

専門

摂食障害

野間俊一

野間俊一医師は20年以上にわたって、拒食症・過食症といった摂食障害治療の第一線で活躍を続けている。2003年には『ふつうに食べたいー拒食・過食のこころとからだ』(昭和堂)という本を世に出し、摂食障害治療では単に症状を取り除くだけではなく、患者の生き方そのものに焦点を当てる必要性を説いた。以後も日々専門医として、現場での治療および研究に精力的に取り組み、後進の指導に当たっている。同院での外来・入院治療だけではなく、地域での講演活動を積極的に行い、摂食障害者支援団体「SEEDきょうと」の代表を務めるなど、その行動範囲は広い。

医師プロフィール

1990年3月 京都大学医学部 卒業
1994年6月 ドイツ、ヴュルツブルク大学精神療法・医学的心理学研究所
1996年8月 京都博愛会病院精神科
1999年2月 京都大学医学部附属病院精神科神経科
(更新日:2014年6月12日)

同じ疾病を専門とする医師一覧