山岡昌之 医師 (やまおかまさゆき)

池袋心療内科メディカルオーククリニック

東京都豊島区西池袋1-39-4 第一大谷ビル5F

  • 心療内科
  • 日本摂食障害治療研究所 所長

心療内科 内科

専門

摂食障害・うつ病

山岡昌之

日本摂食障害学会の理事や日本心療内科学会の副理事長などを務め、摂食障害治療をリードしてきた。診療の際には全人的医療を心がけ、特に母子の信頼関係の確立を目指す再養育療法に力を入れている。認知行動療法や行動制限療法、家族療法などを各患者に合わせて柔軟に行う。医師不足や患者の増加に対応するため、専門医養成や重症者の治療を担う公的な摂食障害の専門治療機関の設立を訴えている。2013年3月で九段坂病院を定年退職し、日本摂食障害治療研究所所長に就任。専門機関での研究と診療に従事する。

診療を受けるには

予約制。
【初診時】保険証、紹介状(ある場合)、内服薬がある場合にはその種類が分かるもの(お薬手帳など)を持参。問診表記入のため、予約時間の10分前に来院が必要。

医師プロフィール

1973年3月 東京医科歯科大学医学部医学科 卒業
1973年6月 東京医科歯科大学医学部第一内科入局
1977年7月 国家公務員共済組合連合会九段坂病院 内科 医員
1983年4月 国家公務員共済組合連合会九段坂病院 内科 医長
1996年10月 国家公務員共済組合連合会九段坂病院 心療内科 医長
2000年4月 国家公務員共済組合連合会九段病院 心療内科 部長
2006年4月 国家公務員共済組合連合会九段病院 診療部長
2007年4月 国家公務員共済組合連合会九段病院 副院長
2013年3月 同院定年退職
2013年4月 日本摂食障害治療研究所所長

所属学会

医学博士(東京医科歯科大学)、日本心身医学会名誉会員・専門医・認定指導医、日本心療内科学会副理事長・心療内科専門医、日本内科学会認定医、日本摂食障害学会理事、日本サイコセラピー学会理事、日本東洋心身医学研究会理事長、東京医科歯科大学医学部臨床教授など

2006年1月:第10回 日本心療内科学会総会・学術大会会長
2009年6月:第50回 日本心身医学会総会・学術講演会会長
2009年6月:第1回 日本心身医学5学会合同集会運営委員長
2010年10月:第14回 日本摂食障害学会総会・学術集会会長
2011年11月:第3回日本こころとからだの救急学会総会・学術大会会長
2010年2月:第6回ヘルシー・ソサエティ賞(医療従事者部門)受賞
2013年10月:国家公務員共済組合連合会「今井賞」受賞

主な著書

『心身症を治す―治療・予防・検査のすべてが分るQ&A』(1997年保健同人社)
『拒食と過食は治せる』(1997年 講談社)
『仮面うつ病―隠された心の危機』
『軽症うつ病(仮面うつ病)―その早期発見と早期治療』(2003年全日本病院出版会)
『安心できる心療内科のかかり方・選び方』(2003年実業之日本社)
『ちゃんと知りたい はじめての心療内科ガイド』(2010年洋泉社)
他多数
(更新日:2017年12月13日)

同じ疾病を専門とする医師一覧