熊野宏昭 医師 (くまのひろあき)

綾瀬駅前診療所

東京都足立区綾瀬4-9-24 大室ビル301

  • 心療内科
  • 院長

心療内科 内科

専門

パニック障害、社交不安障害、軽症うつ病、摂食障害、糖尿病

熊野宏昭

2004年にパニック障害の治療ガイドラインについて、厚生労働省の研究班が発足。熊野宏昭医師は2005年第2代班長を務める。現在、早稲田大学心理相談室において相談及び相談補助員の指導にあたるほか、複数のクリニックで、心身症、摂食障害、パニック障害、軽症うつ病などを対象に診療を行う。薬物療法や面接治療に加え、リラクセーション、認知行動療法、アクセプタンス&コミットメント・セラピー、近年、注目されているマインドフルネスなどの行動医学的技法を用いるのが特徴で、効果も高く評価されている。

医師プロフィール

1985年3月 東京大学医学部医学科 卒業
1995年3月 博士学位取得
1987年4月 東京大学心療内科医員
1994年4月 綾瀬駅前診療所院長
1995年10月 東北大学大学院医学系研究科人間行動学分野助手
2000年4月 東京大学大学院医学系研究科ストレス防御・心身医学(心療内科)准教授
2009年4月 早稲田大学人間科学学術院教授
2009年11月 早稲田大学応用脳科学研究所所長
(更新日:2016年1月1日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会