小宮ひろみ 医師 (こみやひろみ)

福島県立医科大学附属病院

福島県福島市光が丘1

  • 性差医療センター
  • 教授 漢方内科部長

婦人科 内科 心療内科

専門

生殖内分泌、思春期、女性外来、漢方、女性医学

小宮ひろみ

2008年開設の性差医療センターを率いる。更年期障害や月経に関する症状など女性特有の疾患や、体調が悪いのにどこを受診していいかわからない患者に、性差を考慮した全人的できめ細やかな診療を提供。診察は心身医療科、外科、内科、歯科口腔外科、婦人科の医師が担当し('12年10月現在)予約制で行う。患者の話に耳を傾けることを重視し、患者と医師の間に信頼関係を築くことを心がける。小宮医師は婦人科を担当。更年期障害の治療には個別化が重要と考え、患者に向き合っている。

診療を受けるには

長江医師の手術希望者、待機期間は、その時の予約状況にもよるが、約1か月程度。

医師プロフィール

1986年3月 山形大学医学部 卒業
1986年5月 山形大学医学部附属病院産婦人科(研修医)
1987年4月 長井市立病院産婦人科
1989年5月 山形大学医学部附属病院産婦人科(医員)
1990年3月 米国ベイラー医科大学小児科(研究生)
1992年3月 山形大学医学部附属病院産婦人科(医員)
1995年4月 山形大学医学部産婦人科(助手)
1997年4月 山形大学医学部免疫 寄生虫学講座(助手)
1998年7月 米国ベイラー医科大学分子細胞生物学(博士研究員)
2001年12月 福島県立医科大学附属病院産婦人科(診療医)
2004年4月 福島県立医科大学産婦人科講座(助手)
2007年4月 福島県立医科大学産婦人科講座(助教)
2008年4月 福島県立医科大学産婦人科講座(講師)、福島県立医科大学附属病院性差医療センター部長
2010年4月 福島県立医科大学医学部准教授 病院教授、医療人育成・支援センター臨床医学教育研修部門副部門長、福島県女性医師支援センター長
2014年4月 福島県立医科大学男女共同参画推進本部副本部長、男女共同参画支援室長 特任教授 地域医療支援センター副センター長
2014年7月 福島県立医科大学附属病院 漢方内科部長
2017年4月 福島県立医科大学附属病院 性差医療センター教授
(更新日:2019年10月25日)

同じ疾病を専門とする医師一覧