横井宏佳 医師 (よこいひろよし)

福岡山王病院

福岡県福岡市早良区百道浜3-6-45

  • 循環器内科
  • 循環器センター長

循環器科 内科

専門

心臓カテーテル、頸動脈、腎動脈、下肢動脈カテーテル

横井宏佳

横井宏佳医師は、日本を代表するカテーテル医で、年間500例にのぼる心臓カテーテル治療だけでなく、頸動脈、腎動脈、下肢動脈などに対するカテーテル治療を前任地においては年間500例こなしてきた。2013年9月より着任した福岡山王病院には心臓カテーテル検査室2室をはじめ、64列マルチスライスCT、血管エコーなどを備えている。また、直接的な治療だけではなく、心臓リハビリテーションを通じて生活習慣の改善指導や高血圧、脂質異常、糖尿病、慢性腎臓病からくる合併症への対策など、動脈硬化予防のための取り組みも積極的におこなう。

診療を受けるには

横井医師の診察は月曜から金曜まで、それぞれ午前中(変更の可能性あり)。予約はあった方が待ち時間が短縮される。初診でも予約可能。

医師プロフィール

1986年3月 金沢大学医学部 卒業
1986年4月 金沢大学医学部第一内科 入局
1991年4月 社会保険 小倉記念病院 循環器内科 勤務
2005年4月 社会保険 小倉記念病院 循環器内科 部長
2006年2月 社会保険 小倉記念病院 診療部長 医療安全管理部部長
2010年7月 社会保険 小倉記念病院 心臓リハビリテーション部 部長
2012年1月 社会保険 小倉記念病院 末梢血管インターベンション部 主任部長
2013年9月 医療法人社団高邦会 福岡山王病院 循環器センター センター長

所属学会

日本心血管インターベンション治療学会理事、日本心臓リハビリテーション学会理事、日本フットケア学会理事、日本下肢救済・足病学会学術集会理事、Japan Endovascular Treatment Conference理事、日本冠疾患学会理事、日本クリニカルパス学会評議員、日本循環器学会九州地方会評議員、日本心血管インターベンション治療学会専門医・認定医など

主な著書

『格段にうまくいくEVTの基本とコツ?症例でわかるデバイスの選択・操作とトラブルシューティング』(2011年 羊土社)
『腎動脈ステント留置術ハンドブック』(2010年 診断と治療社)
(更新日:2014年5月19日)

同じ疾病を専門とする医師一覧