三角和雄 医師 (みすみかずお)

千葉西総合病院

千葉県松戸市金ヶ作107-1

  • 心臓病センター
  • 院長
  • センター長

循環器科 内科 心臓内科

専門

循環器内科。狭心症・心筋梗塞への心臓カテーテル治療(ロータブレーター、エキシマレーザー)など

三角和雄

三角和雄医師は、狭心症や心筋梗塞のカテーテル治療において日本最多の実績を持ち、The Best Doctors in Japanにも選出。特に得意とするのは、ロータブレーターやエキシマレーザーなどの心臓カテーテルの先端医療。同院のカテーテルスタジオ開設に当たっては設計段階から携わり、司令塔として同院の全国トップレベルの治療実績を牽引する。多い日は1日70人もの治療に関わりつつ、外来診療も担当。テレビ・雑誌等の取材を受ける機会も多い。

医師プロフィール

1982年 東京医科歯科大学医学部医学科卒業
1985年に渡米し、ニューヨーク医科大学、カリフォルニア大学、ピッツバーグ大学、UCLA グッド・サマリタン病院などを経てハワイ大学臨床助教授
1998年 千葉西総合病院心臓センター長
2000年 同院副院長
2004年より現職
(更新日:2018年3月30日)

「狭心症・心筋梗塞・心不全」を専門とする医師

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会