南和友 医師 (みなみかずとも)

大崎病院 東京ハートセンター

東京都品川区北品川5-4-12

  • 心臓血管外科
  • 顧問
  • ドイツ ボッフム大学永代教授

外科 心臓血管外科 血管外科

専門

胸部・心臓・血管外科。心筋血行再建手術(バイパス手術)、人工心臓、心臓移植など

南和友

南和友医師は、日本人では初となるドイツ?ボッフム大学永代教授であり、これまでに2万例以上の手術を執刀してきた心臓外科医。世界トップレベルの心臓手術実績を誇るドイツの心臓センターでは、設立時から参加した経験も。心筋血行再建手術や心臓弁手術を中心に、年間100例以上の手術を行うほか、要請があれば他院に出向いて指導することもある。
ドイツで30年、日本で10年間習得した経験を生かし、国内外で心臓血管外科に従事してきたベテラン医師。心筋血行再建手術(いわゆるバイパス手術)や心臓弁手術(弁再建・弁置換)をはじめとして、これまで累計2万件以上もの手術を執刀してきた。全国から患者は訪れ、年間100例もの手術を実施している。若手医師の育成にも力を注ぎ、要請があれば日本中の他の病院にも出かけ手術指導に当たっているという。ドイツでは世界トップレベルの心臓血管疾患の治療実績を誇るバードューンハウゼン心臓・糖尿病センターの心臓センター立ち上げに関わった経験も持つ。

診療を受けるには

第1、2、3月曜、いずれも午後のみ予約制で外来診療を行う。紹介状がなくても受診可能だが、かかりつけ医の紹介状があれば望ましい。

医師プロフィール

1974年 京都府立医科大学卒業
1976年 京都府立医科大学病院 修練医修了、ドイツ国費留学生(DAAD)としてデュッセルドルフ大学に留学
1977年 デュッセルドルフ大学病院 胸部・心臓・血管外科入局
1980年 デュッセルドルフ大学 医学博士号 取得
1981年 デュッセルドルフ大学病院 胸部・心臓・血管外科 講師
1984年 バードユーンハウゼン心臓・糖尿病センター 主席外科医、副施設長
1989年 同センターのボッフム大学病院昇格で臨床教授に就任
1998年 ハビリタチオン(ボッフム大学教授資格 取得)
2004年 ドイツのボッフム大学永代教授
2005年 日本大学医学部心臓血管外科教授、日本大学大学院総合科学研究科教授
2010年 医療法人北関東循環器病院 病院長
2016年3月より医療法人社団 冠心会大崎病院東京ハートセンター顧問

所属学会

[客員講師・教授]
京都府立医科大学第2外科客員講師(1988年~)
埼玉医科大学第1外科客員教授(1994年~2007年)
東京女子医科大学心臓血管研究所客員教授(1996年~2002年)
日本大学医学部客員教授(2000年~2005年
横浜桐蔭大学医用工学部客員教授(2002年~2005年)
群馬大学客員教授(2014年~)
富山大学客員教授(2014年~)

[病院顧問・スーパーバイザー]
熊本赤十字病院(2008年~2013年)
社会医療法人杏嶺会一宮西病院(2012年~2016年)

【海外】
ドイツ外科 専門医、ドイツ胸部・心臓・血管外科 専門医、ドイツボッフム大学 ハビリタチオン(Dr. med. Habil.)、ドイツボッフム大学 永代教授(Professor Dr. med.)、ヨーロッパ心臓血管外科学会 認定医(EACTS)、アジア心臓血管外科国際学会 会員

【国内】
日本心臓血管外科学会 専門医・指導医、日本外科学会 専門医、日本医師会認定健康スポーツ医

主な著書

『老いるほど血管が強くなる健康法』(2016年アチーブメント出版)
『蘇活力実践篇』(2014年アチーブメント出版)
『解病 病気にならない生き方 (ロング新書)』(2014年ロングセラーズ)
『蘇活力~血流をコントロールして弱った身体をよみがえらせる~』(2013年アチーブメント出版)
『日本の医療危機の真実―いまこそ求められる医療制度改革』(2013年時事通信出版局)
『病気にならない歩き方』(2012年アチーブメント出版)
『人は感動するたびに健康になる (世界有数の心臓外科医が明かす人体の摂理)』(2012年マキノ出版)
『解病~病気から解放される生き方~』(2011年アチーブメント出版)
『こんな医療でいいですか?―ドイツから日本へ 30年ぶりの復帰からみえてきた日本の医療とは』(2009年はる書房)

医師発信欄

(更新日:2018年3月9日)

同じ疾病を専門とする医師一覧