天野篤 医師 (あまのあつし)

順天堂大学医学部附属順天堂医院

東京都文京区本郷3-1-3

  • 心臓血管外科
  • 院長
  • 教授

心臓血管外科 外科

専門

虚血性心疾患(off-pump冠動脈バイパス術)、弁膜症(弁膜症再建外科)

天野篤

天野篤医師は、心臓血管の分野において日本でも有数の医師であるが、特に冠動脈バイパス術の専門家として名を馳せる。これまでに天野医師がこなした心臓手術は約7,000例となる。それほどの数をこなしながらも死亡率の高い緊急手術も含めて98%という高い成功率を誇っているのは驚異的だ。圧倒的な経験に裏打ちされた技術と冷静な判断が、この成功率を生んでいるのだ。2012年2月に行われた今上天皇の冠動脈バイパス手術では、その信頼感の高さから東京大学医学部との合同チームの一員として参加要請され、見事に大役を果たした。

診療内容

同院の心臓血管外科では、狭心症・心筋梗塞などに代表される虚血性心疾患をはじめ、弁膜症や大血管疾患(大動脈瘤等)などを治療しているが、特に心臓冠動脈バイパス術においては日本のパイオニア的存在となっている。
そのバイパス手術も日々進化を続けており、天野医師が得意としているのが人工心肺を使わず、心臓を動かしたまま手術を行うoff-pump冠動脈バイパス術という方法である。動いている心臓に対して、直径2ミリ以下の血管をつなぎ合わせるというのは誰にでもできる手術ではないし、動脈硬化が進んでいるなど患者の状態によっては行えないこともあるが、それでも多くの利点があると天野医師は言う。その利点とは合併症が少ないこと、心臓への負担が少ないこと、全身への負担が少ないこと、そして回復が早いことである。人工心肺からの復帰なども必要ないため、手術時間も少なくて済む。同じバイパス手術であっても、体への負担が大幅に減るため、術後の回復期間も短くて済むのだ。
バイパスに使われる血管にも細心の注意が払われる。以前のバイパス術では足の静脈などが使われていたが、最近では胸の裏にある内胸動脈や胃の周りにある胃大網動脈などが使われる。こちらの方が静脈よりも丈夫で長持ちすることがわかったからだ。しかも天野医師の場合は、さらにこの血管についた脂肪などの余分なものをていねいに排除してからバイパス部に使用している。そうすることで血管に流れる血液を無駄なく心臓に送り込むことができるのだ。それは単に心臓に血流を取り戻すだけでなく、その後の生活の質を考えた天野医師の「思い」が込められた作業だと言える。また、術後の経過観察では、診療科の枠にとらわれず循環器内科や小児科など、各科と連携をとり、さらには他の診療期間ともつながりを持ちながら、患者の回復をサポートしていくのも同院の大きな特徴と言える。
同院の外来診療ではセカンドオピニオンも随時受け付けているので、自分がかかっている病院での治療に疑問や不安がある場合は、相談してみるのもひとつの方法である。

医師プロフィール

1983年 日本大学医学部 卒業
1983年 医師国家試験合格
1983年 関東逓信病院(現NTT東日本病院)臨床研修医
1985年 亀田総合病院心臓血管外科研修医
1989年 亀田総合病院心臓血管外科医長
1991年 新東京病院心臓血管外科科長
1994年 新東京病院心臓血管外科部長
2001年 昭和大学横浜市北部病院循環器センター長・教授
2002年 順天堂大学医学部心臓血管外科教授
2013年 順天堂大学医学部附属順天堂医院 副院長
2016年4月 順天堂大学医学部附属順天堂医院 院長