百村伸一 医師 (ももむらしんいち)

さいたま市民医療センター

埼玉県さいたま市西区島根299-1

  • 循環器科
  • 病院長

循環器科 内科

専門

心不全、虚血性心疾患、睡眠時無呼吸と循環器疾患

百村伸一

百村伸一医師は2020年4月より、さいたま市民医療センターの院長を務めている。同院は地域に密着した急性期医療中心の病院で、循環器領域においては24時間体制で多くの急性心筋梗塞や急性心不全の患者を受け入れている。最近、わが国では超高齢化とともに心不全患者が急激に増加しており“心不全パンデミック”と呼ばれる。百村医師はこの状況に地域全体として対応すべく、同院と地元の大宮医師会および近隣の急性期病院との協力のもとに心不全病診連携ネットワークづくりを推進している。また、百村医師は睡眠時無呼吸診療にも精通しており、CPAPを中心とした治療も積極的に行っている。

診療を受けるには

外来予約は原則、紹介・予約制となっており、紹介状がある方は診察予約、変更、キャンセル等を『予約センター』の予約専用ダイヤルにて受付している。紹介状がない場合、初診予約ができないため診察待ち時間が長時間に及ぶことがある。

医師プロフィール

1976年3月 東京大学医学部医学科 卒業
1982年2月~85年3月 ハーバード大学ベスイスラエル病院研究員
1986年4月~ 東京大学医学部第二内科助手
1998年4月~ 虎の門病院循環器センター内科部長
2006年1月~ 自治医科大学附属大宮医療センター循環器科教授
2012年4月~ 自治医科大学附属さいたま医療センター、センター長
2020年4月~ さいたま市民医療センター病院長

所属学会

日本内科学会(認定内科医)、日本循環器学会(循環器専門医、社員)、日本心臓病学会(理事)、日本心不全学会(理事)、日本心臓リハビリテーション学会(副理事長)、日本臨床生理学会(理事)、日本睡眠学会(評議員)

主な著書

『心臓カテーテル (新目でみる循環器病シリーズ(4)』(2006年メジカルビュー社)
『虚血性心疾患ケアガイド―最新治療から心臓リハ、退院後の指導まで (Nursing Mook 57) 』(2010年 学研メディカル秀潤社)
『心臓病の治療と看護 (NURSING―Cure and Care Series)』(2006年 南江堂)
(更新日:2021年7月9日)

同じ疾病を専門とする医師一覧