渡邊剛 医師 (わたなべ ごう)

ニューハート・ワタナベ国際病院

東京都杉並区浜田山3-19-11

  • 心臓外科
  • 総長

心臓血管外科 外科

専門

心臓血管外科、ロボット外科、狭心症・心筋梗塞、弁膜症、大動脈瘤

渡邊剛

渡邊剛医師は32歳で日本人最年少の心臓移植執刀医となるなど、日本を代表する心臓血管外科医として知られる。2003年に人工心肺を用いない、心臓を動かしたままのバイパス手術(心拍動下冠動脈バイパス手術=OPCAB)を成功させ、41歳で金沢大学心肺・総合外科の教授となる。心臓アウェイク手術(自発呼吸下心拍動下冠動脈バイパス術)、外科手術用ロボットのダ・ヴィンチを使った心臓手術など国内初の手術を次々に成功させた。低侵襲冠動脈バイパス手術は日本で最も経験豊かで、手術の成功率は99.6%。日本では唯一、ロボット心臓手術を行っている。その渡邊医師をトップに同病院は、心臓疾患で最も多い虚血性疾患に対し世界でも屈指の手術成績を上げている。冠動脈バイパス手術のほぼ全例で人工心肺を使用せず、心拍動下の手術を施行している。

診療内容

現在、日本で唯一ロボット心臓手術を行っている(400例)。通常のオフポンプ冠動脈バイパス術、大動脈瘤に対するステントグラフトの他、僧帽弁手術はダ・ヴィンチを使用したロボット支援下心臓手術など、我が国で最も低侵襲で最先端の外科治療を行っている。

医師プロフィール

1984年 金沢大学医学部 卒業
1989年 医学博士号取得 ドイツ・ハノーファー医科大学 心臓血管外科留学
1992年 金沢大学医学部附属病院 富山医科薬科大学医学部
2000年 金沢大学 外科学第一講座 教授
2003年 東京医科大学 客員教授
2005年 東京医科大学 心臓外科 教授(兼任)
2011年 国際医療福祉大学 客員教授
2013年 帝京大学 客員教授
2014年 ニューハート・ワタナベ国際病院 総長

「狭心症・心筋梗塞・心不全」を専門とする医師