前田憲志 医師 (まえだけんじ)

大幸砂田橋クリニック

愛知県名古屋市東区大幸4-18-24

  • 内科、腎臓内科、人工透析内科、在宅医療
  • 院長

内科 緩和ケア 腎臓内科

専門

内科全般、特に腎疾患の診断治療、慢性腎炎の除菌療法、腎保護療法の推進、保存期腎不全の透析移行抑制療法、最適な透析療法、在宅医療、寝たきりにならないための体力増強療法など

前田憲志

日本で初めて在宅血液透析医療を行った腎臓・透析・在宅などの権威。腎研究会賞受賞経験あり。ECUMの開発・在宅血液透析の普及・透析療法の成績に影響するわが国における危険因子の検出・至適治療条件の設定・保存期腎不全治療の推進・糖尿病性腎症の進展防止の推進・透析導入予防のための保冷24時間蓄尿検査の推進などに従事。2012年4月より社団法人日本在宅医学会代表理事として在宅医療の拡充と地域包括ケアシステム構築への取り組みを実践するほか、在宅血液透析研究会会長として在宅血液透析の発展に努める。名古屋大学名誉教授。

医師プロフィール

1965年 名古屋大学医学部 卒業
1966年 名古屋大学医学部付属病院分院内科副手入局
1973年 名古屋大学医学部附属病院内科助手
1979年 名古屋大学医学部附属病院分院検査部助教授
1991年 名古屋大学医学部附属病院内科教授
1992年 名古屋大学医学部附属病院分院長
1996年 名古屋大学医学部附属病院在宅管理医療部教授
2002年 名古屋大学名誉教授、大幸砂田橋クリニック院長
(更新日:2014年5月19日)

「在宅医療」を専門とする医師

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会