長尾和宏 医師 (ながおかずひろ)

長尾クリニック

兵庫県尼崎市昭和通7-242

  • 院長

内科 リハビリテーション科

専門

内科・消化器内科・循環器内科

長尾和宏

長尾和宏医師は、東京医科大学卒業後、大阪大学第二内科に入局。阪神大震災をきっかけに、地域医療の必要性を実感。1995年に尼崎市(兵庫県)に長尾クリニックを開業した。商店街の小さなスペースからスタートした診療所は、現在複数の医師による365日24時間態勢で外来診療と在宅医療を両立させながら、生活習慣病やがんの早期発見、認知症等の高齢者医療に力を入れている。病院で1000人、在宅で1000人を超える患者を看取ってきた在宅医療のオピニオンリーダー的な存在であり、終末期医療において過剰な延命治療を施さず自然な死を受け入れることの重要性を訴える。日本尊厳死協会副理事という立場から、高齢者の健康、終末期医療、尊厳死・平穏死について啓発活動に従事する。毎日ブログを発行する傍ら、複数のメディアで連載を担当している。

診療内容

長尾クリニックでは系列の訪問看護ステーションやケアマネジャーと連携しチームで診療を行っている。訪問リハビリステーションでは、病気やけがなどでからだが不自由だったり、寝たきりになる可能性がある、または、寝たきりの人を対象にからだの機能維持を図る目的で、自宅にてリハビリを行い在宅での生活を支援するサービスや管理栄養士による食生活や栄養に関する相談も行っている。
2008年6月から、人間ドック、健康診断、特定検診などを行う、「予防医療センター」を開設し、専門的な診断から予防医学、在宅医療と総合診療を目指している。

医師プロフィール

1958年 香川県生まれ
1984年 東京医科大学卒業 大阪大学第二内科入局
1984年~ 聖徒病院勤務
1986年~ 大阪大学病院第二内科勤務
1991年~ 市立芦屋病院内科勤務
1995年~ 尼崎市に長尾クリニッック開業、現在に至る

「在宅医療」を専門とする医師