辻彼南雄 医師 (つじかなお)

水道橋東口クリニック

東京都千代田区神田三崎町1-3-12 水道橋ビル9F

  • 内科 老年内科
  • 院長

内科 老年科

専門

高齢者のプライマリケア、在宅医療、エンドオブライフケア

辻彼南雄

我が国の在宅ケアの開拓者の一人であり、ライフケアシステム創設者である佐藤智医師の著書に感銘を受けたことが契機となり、東大病院老年病科の職を辞して佐藤医師の門下に入り、以来氏の下で在宅医療を学ぶ。「病気になってからではなく健康なときから死までを診る家庭医」を目指し「医師と患者の間に立つ専門家の育成」「老年医学の普及」が必要との考えから、クリニックの院長として訪問診療、外来診療を担当する傍ら、東京大学医学部老年病学教室・公衆衛生学教室で非常勤講師を務めている。

診療を受けるには

「機能強化型在宅療養支援診療所」として、原則として半径3Km圏内の居住者を対象に訪問診療・往診・看取りを行っている。詳細はクリニックHPを参照のこと。

医師プロフィール

1984年 北海道大学医学部 卒業
1984年 群馬大学医学部附属病院神経内科勤務
1985年 東京逓信病院内科勤務
1987年 東京大学医学部附属病院老年病科勤務
1990年 白十字診療所勤務
1996年 佐藤クリニック勤務
1998年 医療法人社団互酬会水道橋東口クリニック勤務
2002年 同クリニック所長(現院長)就任
2006年 同法人理事長就任
※1990年~ 一般社団法人ライフケアシステム勤務、2009年~ 同法人代表理事就任

所属学会

日本老年医学会代議員、日本在宅医療連合学会監事、日本在宅ケア学会理事、日本プライマリ・ケア連合学会会員、東京大学医学部非常勤講師、特定非営利活動法人高齢者を支える学術的チームアプローチ推進ネットワーク理事、公益財団法人在宅医療助成勇美記念財団理事

主な著書

『私らしく死にたい 病後の医療・暮らし・旅立ち』国際長寿センター日本(ILCーJapan) (2016年 水曜社)
『介護における医療との隣接行為ハンドブック』(2008年 看護の科学社)
『家庭医が語るシニア世代の不健康管理』(2001年 一橋出版)
『老年学入門』(1997年 日本評論社)
(更新日:2021年10月8日)

同じ疾病を専門とする医師一覧