中野一司 医師 (なかのかずし)

ナカノ在宅医療クリニック

鹿児島県鹿児島市伊敷台6-27-10

  • 内科、在宅医療
  • 理事長 院長

内科 緩和ケア

専門

在宅医療

中野一司

自身が最期まで受けたい医療システムの構築を目指して、1999年に在宅医療の専門クリニックを開設。18年間にわたる現場での経験から、病人ではなく慢性疾患を抱える高齢者が増える超高齢化社会では、病気を治す「キュア」志向の医療から、病気を持ちながら地域で生活することを医療的に支援する「ケア」志向の医療へ変わる必要性を訴えている。また、早くからICTを積極的に活用。学会の企画運営や連携で機能する地域連携ネットワーク型在宅医療システムの構築などに役立てている。

医師プロフィール

1981年3月 東京理科大学薬学部卒業(薬剤師免許取得)
1987年3月 鹿児島大学医学部卒業(医師免許取得)
1987年4月 鹿児島大学病院第3内科入局
1988年1月 鹿児島大学医学部付属病院救急部で研修
1995年3月 鹿児島大学医学部大学院内科系卒業
1995年4月 鹿児島大学附属病院検査部 
1999年9月 ナカノ在宅医療クリニック開設
2004年11月 ナカノ訪問看護ステーション、ナカノ居宅介護支援事業所を設立
2008年3月 鹿児島大学医学部臨床教授
2012年5月 ナカノ在宅医療連携拠点センター設立
2014年3月 ケアタウン・ナカノ開設
2014年3月 全国在宅療養支援診療所連絡会 第1回全国大会 実行委員長
2017年6月 ナカノ在宅医療連携拠点センター設立

主な著書

『降圧薬のコンビネーションセラピ』ー(2009年 医薬ジャーナル社) amazonでみる ⇒
(更新日:2017年9月25日)

同じ疾病を専門とする医師一覧