辛島正志 医師 (からしまただし)

久留米大学病院

福岡県久留米市旭町67

  • 皮膚科
  • 講師

皮膚科

専門

毛髪疾患(脱毛症)、皮膚小外科

辛島正志

約20年前より毛髪研究と円形脱毛症の治療をおこなってきた久留米大学病院皮膚科は、日本における毛髪研究をリードしてきた中心的存在。辛島正志医師は同院で脱毛症専門外来を担当。男性型脱毛症から全頭脱毛など重症の円形脱毛症まで幅広く対応するが、特に難治性円形脱毛症に対する局所免疫療法の研究と治療を得意とする。内服薬の服用、ステロイド外用薬、光線療法、ステロイドの内服、ステロイドパルス療法、局所免疫療法など、症状、年齢、発症からの期間などを十分に考慮して治療法を決めていく。その手腕が全国で認められている。

※久留米大学医学部教育関連病院 柳川病院皮膚科部長として出向中。

診療を受けるには

他院で治療中の場合は紹介状が必要。初診時の待ち時間はおよそ1~数時間程度。

医師プロフィール

1987年3月 久留米大学医学部 卒業
1987年5月 久留米大学医学部皮膚科学講座入局
1988年1月 久留米大学医学部救命センター兼務(同3月まで)
1993年7月 九州大学生体防御医学研究所感染防御部門(1994年3月まで)
1995年1月 済生会福岡総合病院皮膚科医長
1997年9月 英国王立癌研究所角化細胞研究部門研究生
1999年9月 同上研究員
2001年1月 久留米大学医学部助手
2003年10月 久留米大学医学部講師

所属学会

医学博士、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
(更新日:2017年12月21日)