倉田荘太郎 医師 (くらたそうたろう)

くらた医院

大分県別府市堀田4-2

  • 院長

皮膚科 形成外科

専門

薄毛、自毛植毛手術、わきが、多汗治療 、ニキビ治療、アンチエイジング、形成手術など

倉田荘太郎

日本臨床毛髪学会の理事長をつとめるなど、長年日本やアジアにおける脱毛症の治療や研究をリードしてきた。くらた医院の診療は毛髪検査機器や特殊検査を組み合わせ、薄毛の状態を正確に把握することからスタートする。これをもとに、どのようなタイプの薄毛なのかを判断し、それぞれに合った治療をおこなっている。また倉田荘太郎医師は脱毛症だけではなく皮膚・毛髪・汗腺・脂腺に対する治療のプロフェッショナルであり、美しい肌・にきび・あせ・わきがなどに悩む人の心強い味方となっている。

医師プロフィール

1983年3月 愛媛大学医学部卒業
1983年5月 大阪大学医学部付属病院皮膚科形成外科
1984年5月 兵庫県立こども病院形成外科
1986年6月 大分医科大学皮膚科形成外科
1992年5月 ウィスコンシン大学霊長類研究所(アメリカ合衆国)招聘研究員
1999年1月 形成外科皮膚科美容外科 くらた医院(別府)開設
2012年1月 P&G Pantene Research Institute 顧問メンバー
2012年3月 Aderans 医療顧問
(更新日:2014年6月11日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会