深谷孝夫 医師 (ふかやたかお)

東北薬科大学病院

宮城県仙台市宮城野区福室1-12-1

  • 産科婦人科
  • 顧問

産婦人科 産科 婦人科

専門

子宮内膜症・子宮筋腫、生殖内分泌、婦人科内視鏡手術

深谷孝夫

深谷孝夫医師は日本産科婦人科学会理事や日本産科婦人科内視鏡学会副理事長を務める女性疾患の専門医。外来では初診を担当し、患者の病状を迅速かつ的確に把握。最先端の治療法に関する豊富な知識を活かし、個々の治療の特性や効果を十分に考慮したうえで、各患者にとって最適な治療法を決めていく。子宮内膜症に対してはホルモン療法を中心とした薬物療法から始め、手術の場合には原則、患者に負担の少ない腹腔鏡下手術を選択。子宮筋腫に対しては、腹腔鏡・子宮鏡下手術のほか、一部集束超音波療法も導入している。

医師プロフィール

1976年5月 米沢市立病院産婦人科医員
1977年10月 東北大学医学部附属病院産婦人科医員
1980年9月 同 助手
1983年2月 Virginia Polytechnic Institute and State University Post doctal research fellow(USA)
1984年9月 由利組合総合病院産婦人科科長
1986年9月 東北大学医学部附属病院産婦人科助手
1988年6月 東北大学医学部附属病院周産母子センター講師
1994年11月 東北大学医学部附属病院産婦人科助教授
1999年 3月 高知医科大学産婦人科教授
2003年 10月 高知大学医学部生体機能・感染制御学講座 生殖・加齢病態学教室教授
2006年 4月 高知大学医学部医学科産科婦人科学講座教授
2008年 4月 高知大学教育研究部医療学系医学部門 産科婦人科学講座教授
2014年 東北薬科大学病院産婦人科顧問
現在に至る
(更新日:2014年6月16日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会