LDLコレステロール

■動脈硬化の重要因子
 いわゆる悪玉コレステロールといわれ、この値が高いと動脈硬化を起こしやすくなります。
 [(総コレステロール)-(HDLコレステロール)-(中性脂肪の5分の1)]で計算するのが推奨されていますが、最近はLDLコレステロールを直接測定することもおこなわれています。
 脂質異常症で治療するときの目標はLDLコレステロール値を100mg/dL以下にすることです。

■基準値:65~163mg/dL

■検査結果から疑われる病気 
 高値の場合には、次のことが考えられます。
 脂質異常症糖尿病、閉塞性黄疸、甲状腺機能低下症ネフローゼ症候群など
 低値の場合には、次のことが考えられます。
 β-リポたんぱく欠損症、低β-リポたんぱく血症、肝硬変劇症肝炎甲状腺機能亢進症、栄養障害など