阿保義久 医師 (あぼよしひさ)

北青山Dクリニック

東京都渋谷区神宮前3-7-10 AKERAビルB1F

  • 血管外科、脳神経外科、消化器外科、循環器内科、消化器内科、呼吸器内科、 婦人科、皮膚科、形成外科
  • 院長

血管外科 脳神経外科 消化器外科

専門

下肢静脈瘤、椎間板ヘルニア、鼠径ヘルニア、胃・大腸内視鏡検査、がんRNA干渉療法、再生医療(幹細胞療法)

阿保義久

阿保義久医師は、血管外科医のスキルを活かし下肢静脈瘤の日帰り根治手術のノウハウを日本で初めて確立。血管内治療も国際的にも先駆けであった2005年から導入。2000年10月以来36,000脚以上を治療した。高い安全性と有効性が評価され、今では全国の医療機関で血管内治療が広がっている。医療用レーザーを用いた先進の血管内治療の実績は、ここ数年は年間1,000脚程度。「治療の根治性、安全性を最優先し、満足度の高い医療を提供している」証しは患者への術後アンケートで95%が満足と回答していることからも読み取れる。

医師プロフィール

1993年 東京大学医学部 卒業
1993年 東京大学医学部附属病院第一外科勤務、虎ノ門病院麻酔科勤務
1994年 三楽病院外科勤務
1997年 東京大学医学部腫瘍外科・血管外科勤務
2000年 北青山Dクリニック開設
2010年 東京大学医学部 腫瘍外科・血管外科 非常勤講師
(更新日:2019年4月12日)