重松宏 医師 (しげまつひろし)

都庁前血管外科・循環器内科 血管病総合治療センター

東京都新宿区西新宿6-6-3 新宿国際ビルディング新館6F

  • 都庁前血管外科・循環器内科
  • 院長

血管外科 循環器科

専門

大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤、経皮的血管形成術、大動脈瘤に対するステントグラフト治療、静脈瘤に対するレーザ治療など

重松宏

重松宏医師は外科全般に幅広い手術経験を有しているが、特に大動脈瘤や閉塞性動脈硬化症、下重松宏医師は外科全般に幅広い手術経験を有しているが、特に大動脈瘤や閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤など血管疾患に対する外科的治療のエキスパートである。また、経皮的血管形成術や大動脈瘤に対するステントグラフト治療、静脈瘤に対するレーザ治療などの低侵襲的血管内治療の先駆者でもある。高齢者の動脈疾患を禅的な動脈硬化症の一部分ととらえ、脳や心臓などの他臓器の病変を早期に発見し、介入的な治療を行うことを重視。「未病に勝る治療はない」と考え、心・血管健診の重要性を啓発している。
※都庁前血管外科・循環器内科 東京バスキュラークリニック〔併設〕

医師プロフィール

1972年 東京大学医学部医学科 卒業
1981年 医学博士号取得(東京大学)
1984年 米国留学
1993年 東京大学外科学第一講座講師
1998年 東京大学大学院医学系研究科血管外科学分野助教授
2003年 東京大学医学部附属病院手術部長・中央診療部門長
2005年 東京医科大学外科学第二講座主任教授
2011年 山王メディカルセンター血管病センター長、国際医療福祉大学臨床医学研究センター教授(兼任)
2014年 山王メディカルセンター 血管外科統括部長(東京・栃木地区)、国際医療福祉大学臨床医学研究センター教授(兼任)
2019年 医療法人社団ジーメディコ理事長 都庁前血管外科・循環器内科 血管病総合治療センター院長、国際医療福祉大学臨床医学研究センター客員教授
(更新日:2019年8月20日)

「下肢静脈瘤」を専門とする医師

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会