工藤敏文 医師 (くどうとしふみ)

両国あしのクリニック

東京都墨田区緑3-17-11 あしのビル2F・3F・4F

  • 下肢静脈瘤外来

心臓血管外科 外科

専門

下肢静脈瘤、レーザー治療

工藤敏文

工藤敏文医師は外科専門医、心臓血管外科専門医、脈管専門医であり、特に下肢静脈瘤に対する診療・治療を得意とする。下肢静脈瘤のエンドレーザー法について豊富な実績を持つ。日常的な診療のほか、日本静脈学会血管内レーザー焼灼術実施管理委員会が認定する「レーザー焼灼術指導医」として、後進の指導にあたる機会も多い。両国あしのクリニックは日本で最初に開設された「下肢静脈瘤」に特化した専門クリニック。下肢静脈瘤外来で実施する日帰り手術は日本屈指の症例数を誇る。

医師プロフィール

1993年3月 東京医科歯科大学医学部 卒業
2003~2006年 米国UCLA血管外科留学
2012年4月 東京医科歯科大学血管外科助教
2014年4月から現在 東京医科歯科大学 総合教育研修センター/血管外科 講師
(更新日:2019年5月3日)

「下肢静脈瘤」を専門とする医師