宮崎滋 医師 (みやざきしげる)

結核予防会 総合健診推進センター

東京都千代田区神田三崎町1-3-12 水道橋ビル2F・3F

  • 所長

内科 内分泌科・糖尿病 循環器科

専門

糖尿病、肥満症、内分泌

宮崎滋

宮崎滋医師は肥満症をはじめとするメタボリックシンドロームの権威。結核予防会では生活習慣病外来や生活習慣病を主とした健診を行っている。「肥満は万病のもと」という信念を胸に肥満症の予防と治療の重要性を早くから提唱してきた。治療法は、食事療法、運動療法、行動療法、薬物療法、外科療法の5本柱で行うが、何よりも重要なのは「生き方を変えること。だらだらした生き方を、きびきびしたものに変えれば自然に痩せる」と説く。ただし、患者を叱りはしない。減量にリバウンドはつきもの。体重が減らなくてもネガティブにならず、治療を継続させることが大切なのだという。

医師プロフィール

1971年 東京医科歯科大学医学部卒業
1971年 同大第一内科
1972年 都立墨東病院内科
1976年 東京逓信病院内科勤務
2001年 同内科部長
2004年 東京医科歯科大臨床教授
2010年 東京逓信病院副院長
2012年 新山手病院生活習慣病センター長
2015年 結核予防会 総合健診推進センター所長
(更新日:2018年7月30日)

「肥満症」を専門とする医師