吉田俊秀 医師 (よしだとしひで)

島原病院

京都府京都市下京区小坂町7-4

  • 肥満・糖尿病センター
  • センター長

内分泌科・糖尿病 循環器科 内分泌内科

専門

肥満症・糖尿病

吉田俊秀

吉田俊秀医師は、肥満および糖尿病の専門医として長年の実績をもち、特に高度肥満症治療を得意としている。自ら考案した「食前キャベツダイエット」とストレスマネジメント療法、さらには肥満遺伝子診断を組み合わせたテーラーメイド型食事指導を管理栄養士と協力して行い、日本一の減量成功率93%を達成している。各種メディアで「日本のカリスマ医師10人の一人」「メタボ治療最高の名医」「医師がすすめる最高の名医」として紹介されることも多い。京都府立医科大学客員教授でもある。

医師プロフィール

1972年3月 京都府立医科大学卒業
1978年 医学博士
1981年 米国カリフォルニア大学(UCLA)・南カリフォルニア大学(USC)で、肥満治療及び肥満研究の権威であるBray教授に師事
1988年 京都府立医科大学講師
2000年 同大学助教授
2002年 同大学病院教授(内分泌・糖尿病・代謝内科)
2004年 同大学臨床教授、京都市立病院糖尿病・代謝内科部長・京都市立看護短期大学教授併任
2013年 医療法人親友会 島原病院 肥満・糖尿病センター センター長・京都府立医科大学客員教授併任
(更新日:2017年3月22日)

同じ疾病を専門とする医師一覧