正田純一 医師 (しょうだじゅんいち)

筑波大学附属病院

茨城県つくば市天久保2-1-1

  • 消化器内科外来、肝臓生活習慣病外来、健康増進・未病予防外来、つくばスポーツ医学・健康科学センター
  • 教授

内科 消化器科 内分泌科・糖尿病

専門

肝疾患、胆道疾患、膵疾患、スポーツ医学、生活習慣病学、非アルコール性脂肪性肝疾患、腫瘍生物学、糖鎖医学

正田純一

近年の人間ドックでは肝機能異常を有する成人の頻度が急増している。の背景には脂肪肝の増加が大きく関わっている。脂肪肝はメタボリック症候群の肝における表現型である。最近、脂肪肝の発症には内臓脂肪の増加に加えて、骨格筋の減少や筋力の低下(サルコペニア)も注目されている。正田純一医師は、骨格筋量と内臓脂肪断面積の比率の低下が脂肪肝の発症と進展のリスクを増加させることを論文発表した。初回調査時に比率の低かった患者では、再調査時における脂肪肝の悪化(脂肪蓄積と肝線維化の増悪)も観察された。脂肪肝では栄養管理のみならず、骨格筋の増加や維持に向けた運動実践の実施が重要な課題である。

 筑波大学附属病院では「つくばスポーツ医学・健康科学センター」を設置し、脂肪肝患者のための運動指導を実施している。肥満治療に対するスポーツ医学を応用し、脂肪肝の予防・治療に関する運動療法プログラムを作成し、筋肉を鍛えることで、肝臓の機能をアップし、脂肪肝の改善を図っている。

 肝臓生活習慣病外来では、生活習慣病による肝疾患の治療の中心に運動療法をおき、効果的な改善を図るためのプログラムを研究・開発し、医学的エビデンスにもとづいた医療をおこなっている。

診療内容

脂肪肝とは、飲み過ぎや食べ過ぎ・運動不足などにより、肝臓に中性脂肪やコレステロールが蓄積されフォアグラのような状態になったこと。進行すると、肝硬変や肝臓がんになる可能性もあり、さまざまな生活習慣病のリスクが高まることが明らかになってきた。
健康診断や人間ドックで脂肪肝と診断される人は、受診者の3割を占めると言う。脂肪肝と言うと、大量飲酒による「アルコール性脂肪肝」のイメージが強いのだが、最近ではお酒を飲まない人が脂肪肝となり、さらには肝硬変や肝がんになるケースも少なくないと言う。脂肪肝全体の半数以上がお酒を飲まない、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)患者で推定有病者数は1500~2000万人にも上る。NAFLDの主な原因は、メタボリックシンドローム、特に内臓肥満の蓄積だ。NAFLDをそのまま放置すると、約1~2割程の人に肝細胞の炎症が起こり線維化して、肝硬変や肝がんへと進行する非アルコール性脂肪肝炎(NASH)となる。NASHになると5?10年後には約3~4割程の人が肝硬変に進行すると言われている。将来的にはNASHから肝硬変や肝がんを発症する割合が増加していくと思われる。
肝臓は「沈黙の臓器」と言われ自覚症状はほとんどないか、まれに倦怠感や右上腹部に不快感を覚える程度。身体がつらいと感じる自覚症状が現れたらNASHが進行し肝炎や肝硬変が発症している可能性も考えられる。定期健診や血液検査などで、肝機能の数値や血小板が少ないなどの異常が見つかった場合は、肝臓専門医による再検査を受けるようお勧めする。
最近の検査には、肝臓の硬さを評価する「エラストグラフィ」という新しい方法があり、痛みもなく服をめくり患部に当てて2分ほどで結果がわかる。何度も反復可能で、治療経過を追うこともでき2011年から保険適用となっている。まだ、導入している医療機関は少なく、大学病院や一部の肝臓専門施設に限られており事前に要確認しよう。

日常生活において、運動を含めた身体活動を行っていくことは、肥満、糖尿病、動脈硬化、脂肪肝などの生活習慣病や悪性腫瘍など多くの疾病を予防することができる。無理のない範囲で体を動かすよう心がけよう。

医師プロフィール

1982年3月 筑波大学 医学専門学群 卒業
1986年3月 筑波大学大学院医学研究科 医学研究科 生化学 修了
1986年4月~1988年12月 筑波大学附属病院 医員
1989年1月~1989年3月 東海村立東海病院 内科 医師
1989年12月~1990年1月 医療法人社団相川会相川内科病院 内科 医師
1990年2月~1992年5月 スウエーデン王立カロリンスカ医科学研究所 生理生化学部門 客員研
1992年6月~1992年7月 医療法人尽誠会宮本病院 内科 医師
2004年4月~2008年6月 筑波大学 大学院人間総合科学研究科(病態制御医学専攻) 講師
2009年7月~2012年6月 筑波大学 大学院人間総合科学研究科(スポーツ医学専攻) 教授
2012年7月 筑波大学大医学医療系 医療科学 教授

「肥満症」を専門とする医師

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会