正田純一 医師 (しょうだじゅんいち)

筑波大学附属病院

茨城県つくば市天久保2-1-1

  • 消化器内科外来、肝臓生活習慣病外来、健康増進・未病予防外来、つくばスポーツ医学・健康科学センター
  • 教授

内科 消化器科 内分泌科・糖尿病

専門

肝疾患、胆道疾患、膵疾患、スポーツ医学、生活習慣病学、非アルコール性脂肪性肝疾患、腫瘍生物学、糖鎖医学

正田純一

近年の人間ドックでは肝機能異常を有する成人の頻度が急増している。の背景には脂肪肝の増加が大きく関わっている。脂肪肝はメタボリック症候群の肝における表現型である。最近、脂肪肝の発症には内臓脂肪の増加に加えて、骨格筋の減少や筋力の低下(サルコペニア)も注目されている。正田純一医師は、骨格筋量と内臓脂肪断面積の比率の低下が脂肪肝の発症と進展のリスクを増加させることを論文発表した。初回調査時に比率の低かった患者では、再調査時における脂肪肝の悪化(脂肪蓄積と肝線維化の増悪)も観察された。脂肪肝では栄養管理のみならず、骨格筋の増加や維持に向けた運動実践の実施が重要な課題である。

 筑波大学附属病院では「つくばスポーツ医学・健康科学センター」を設置し、脂肪肝患者のための運動指導を実施している。肥満治療に対するスポーツ医学を応用し、脂肪肝の予防・治療に関する運動療法プログラムを作成し、筋肉を鍛えることで、肝臓の機能をアップし、脂肪肝の改善を図っている。

 肝臓生活習慣病外来では、生活習慣病による肝疾患の治療の中心に運動療法をおき、効果的な改善を図るためのプログラムを研究・開発し、医学的エビデンスにもとづいた医療をおこなっている。

医師プロフィール

1982年3月 筑波大学 医学専門学群 卒業
1986年3月 筑波大学大学院医学研究科 医学研究科 生化学 修了
1986年4月~1988年12月 筑波大学附属病院 医員
1989年1月~1989年3月 東海村立東海病院 内科 医師
1989年12月~1990年1月 医療法人社団相川会相川内科病院 内科 医師
1990年2月~1992年5月 スウエーデン王立カロリンスカ医科学研究所 生理生化学部門 客員研
1992年6月~1992年7月 医療法人尽誠会宮本病院 内科 医師
2004年4月~2008年6月 筑波大学 大学院人間総合科学研究科(病態制御医学専攻) 講師
2009年7月~2012年6月 筑波大学 大学院人間総合科学研究科(スポーツ医学専攻) 教授
2012年7月 筑波大学大医学医療系 医療科学 教授
(更新日:2019年8月7日)

「肥満症」を専門とする医師