笠間和典 医師 (かさまかずのり)

四谷メディカルキューブ

東京都千代田区二番町7-7

  • 外科 減量外科
  • センター長

外科 消化器外科

専門

腹腔鏡下減量手術(腹腔鏡下スリーブバイパス手術、腹腔鏡下袖状胃切除術、胃バンディング手術、腹腔鏡下胃バイパス術)

笠間和典

本邦の減量外科のパイオニア。病的肥満に対する腹腔鏡下手術に対する積極的な活動を行っている。日本ではこの手術を実施できる医師は数少なく、国内の手術症例数の80%は笠間和典医師の手によるもの。トルコやシンガポールなど海外の病院からも招聘され手術を行う。減量手術症例数は、腹腔鏡下胃バイパス手術や 腹腔鏡下袖状胃切除術など、800件以上にのぼる。同院では、医師・看護師・栄養士・ソーシャルワーカー・臨床心理士などの減量外科専住のサポートチーム体制で、術前から術後5年まで長期的にフォローしている。

診療内容

現在同院では、減量手術として腹腔鏡下スリープ・バイパス術、腹腔鏡下袖状胃切除術、腹腔鏡下バンディング術を施行。また、術前処置として胃内バルーン挿入術を行っている。腹腔鏡下手術の 利点は傷が小さいために患者の痛みが少ない、回復が早いなどがあるが、手術そのものは技術的には大変難しく、熟練した医師が行う必要がある。同院では、日本で最高峰の内視鏡外科医を招聘し、内視鏡手術に対する設備も日本の最先端のものを設置。日本では唯一、この手術における国際認証であるICEを取得。手術技術以外にも、施設全体の治療システムやスタッフ、施設基準、手術成果が減量外科手術を行う医療機関として世界レベルの施設であると認められている。笠間医師は 日本内視鏡外科学会の評議員であり、日本内視鏡外科学会による第一回内視鏡下手術技術認定にも合格している。

腹腔鏡下手術の結果、糖尿病、高血圧、睡眠時無呼吸症候群などの生活習慣病に劇的な生活改善が見られ、患者からは生活の質の改善、社会的活動の向上、精神的な安定、雇用機会の増加、経済的な改善などが報告されている。特に小腸バイパスを伴う術式(腹腔鏡下スリープ・バイパス術、ルーワイ胃バイパス術)には、糖尿病改善効果が高い。また、同院では、術前・術後の継続的な運動指導や適切な栄養管理を実施。さらに、減量手術を受けた人、手術を考えている人、またはその家族を対象としたサポートグループを結成し、術前術後の生活から生じた問題を解決するために、社会的・心理的なサポートを行っている。

医師プロフィール

1990年3月 群馬大学 卒業
1990年4月 群馬大学病院麻酔・蘇生科
1993年4月 大阪大学病院特殊救急部
1994年4月 亀田総合病院 外科医長
2000年10月 三省会堀江病院 外科部長 救急室長
2006年6月 四谷メディカルキューブ

「肥満症」を専門とする医師