中里雅光 医師 (なかざとまさみつ)

宮崎大学医学部附属病院

宮崎県宮崎市清武町木原5200

  • 第三内科(内分泌・代謝分野)
  • 附属病院副院長(診療担当)
  • 科長、教授

内分泌科・糖尿病 内科 内分泌内科

専門

神経内科学、病態医化学、分子神経学、糖尿病、肥満症

中里雅光

中里雅光医師は肥満に関する研究を第一線で行う、肥満科学のスペシャリスト。分子レベルでの摂食調節機構や肥満発症のメカニズム、治療戦略などについて長年にわたり取り組んできた。なかでも摂食亢進作用のあるペプチド(グレリン)に関する研究者として知られ、糖尿病や肥満に対するペプチド医薬品の研究・開発の実績を豊富に持っている。ペプチドが持つ多彩な作用の解明に基づいた臨床応用研究を現在も続けており、新たな内科学の展開に貢献することが期待されている医師である。

医師プロフィール

1980年3月 宮崎医科大学医学部 卒業
1984年3月 医学博士取得(宮崎医科大学大学院)
1985年4月 宮崎医科大学医学部第三内科助手(現宮崎大学医学部)
1991年 日本内科学会 奨励賞
1993年 日本生化学会 奨励賞
1994年4月 宮崎医科大学医学部第三内科兼任講師
1996年4月 宮崎医科大学医学部第三内科講師
2000年 日本肥満学会 学会賞
2002年 日本老年医学会最優秀論文賞
2003年9月 宮崎医科大学医学部第三内科教授
2003年10月 宮崎大学医学部第三内科教授(内科学講座神経呼吸内分泌代謝学分野)
2004年 野口賞(野口 遵 顕彰会)
2005年 宮崎日日新聞科学賞
2005年 宮崎県文化賞
2008年 日本医師会医学研究助成
2009年 武田科学振興財団 2009年度特定研究助成
2013年 杉田玄白賞
(更新日:2014年5月29日)

「肥満症」を専門とする医師

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会