山本和儀 医師 (やまもとかずよし)

山本クリニック

沖縄県浦添市伊祖2-30-7-101

  • 心療内科、精神科
  • 院長

心療内科 精神科 神経科

専門

パニック障害、社交不安障害、うつ病、性同一性障害

山本和儀

パニック障害、社会不安障害、強迫性障害などの不安障害や適応障害の治療だけではなく、うつ病・双極性障害の治療や復職支援のためのリワークに積極的に取り組んでいる。クリニックの診療以外での活動にも精力的に参画し、民間企業や官公庁の産業医、産業保健推進センター沖縄事務所の基幹相談員(メンタルヘルス担当)、沖縄県教育委員会健康管理審査委員会委員などを通して県民の健康問題や職場のメンタルヘルス対策・支援といった活動にも精力的に取り組んでいる。さらには性同一性障害や外国人のメンタルヘルスにも精通するなど、精神科医としての守備範囲は広い。講演会や大学での講義などを通して一医師としての立場だけではなく、沖縄の心の健康づくりをサポートする核の一つとなっている。

医師プロフィール

1981年3月 熊本大学医学部 卒業
1981年6月 熊本大学医学部付属病院(研修医)
1983年4月 国立療養所菊池病院(厚生技官)
1984年7月 熊本大学医学部付属病院(医員)
1985年4月 沖縄県立宮古病院(医師)
1988年4月 琉球大学医学部付属病院精神科神経科(助手)
1994年9月 オーストラリア・メルボルン大学へ文部省在外研究員として留学
1996年4月 琉球大学医学部付属病院精神科神経科(講師)
1999年4月 琉球大学医学部付属病院総合診療センター副センター長(併任)
2000年2月 神戸大学大学院講師(併任)
2004年6月 琉球大学医学部付属病院退職
2004年7月 EAP産業ストレス研究所設立(所長)
2004年10月 山本クリニック開設(院長)
(更新日:2014年6月12日)