清水栄司 医師 (しみずえいじ)

千葉大学医学部附属病院

千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1

  • 認知行動療法センター
  • センター長
  • 千葉大学 子どものこころの発達研究センター長/千葉大学 柏の葉診療所 認知行動療法室/教授 センター長(千葉大学大学院医学研究院

小児科 心療内科

専門

認知行動療法(うつ病、パニック症、社交不安症、強迫症)

清水栄司

清水栄司医師は認知行動療法のスペシャリストとして、不安症(パニック症、全般不安症、社交不安症)、強迫症とうつ病などの治療に、複数の認知行動療法士とともにあたっている。認知行動療法は、薬物療法とともに不安症・うつ病などの第一選択となる精神療法であり、外来にて高い治療成績を収めている。また、千葉大学では2010年4月より、不安症・うつ病などに対して、認知行動療法を施術でき、薬物療法に勝るとも劣らない治療効果を出すことができるセラピスト(認知行動療法士)の養成と認定を開始。
2016年10月1日からは、千葉大学医学部附属病院に国立大学初となる認知行動療法センターを設置した。

千葉大学医学部附属病院 認知行動療法センター(千葉県千葉市)
千葉大学 柏の葉診療所 認知行動療法室(千葉県柏市)

千葉大学では、これまで「相談」事業として実施してきた認知行動カウンセリン グの件数が年間約 1,800回あり(平均1人 15 回で 113 人/2015年度実績)、4分の3にあたる約 1,400回は、臨床試験でエビデンスが証明された「不安障害」等に該当していた。 そこで、全国の国立大学病院に先駆けて認知行動療法に特化したセンターを設置し、医師の指導のもと、病院内において臨床心理士が個人認知行動療法の提供を行っている。原則的に、毎週1回50 分の個人面接を連続 16~20 回程度行い、料金は 1回 50 分1万円(消費税別)で、各種公的医療保険は適用されない。
また、パニック症、社交不安症、強迫症に対して、テレビ電話を用いた遠隔での認知行動療法の臨床試験を2017年4月から実施し、過食症、慢性疼痛に加え、ネット依存、不登校、引きこもりの保護者、認知症の介護者にも展開している。

診療を受けるには

清水医師の診察:千葉大病院認知行動療法センター(千葉市中央区)は、毎週金曜日月1回 月曜にアセスメント(初回面接)。認知行動療法センターは平日9時から5時までオープン、柏の葉の認知行動療法室は月曜および水曜の午前のみオープン、完全予約制。自費診療。通院中の病院があれば紹介状要。

医師プロフィール

1990年3月 千葉大学医学部 卒業
1990年6月 千葉大学医学部附属病院
1997年3月 千葉大学大学院医学研究科博士課程(内科系精神医学)終了
1997年 プリンストン大学(米国)分子生物学講座客員研究員
2005年7月 千葉大学大学院医学研究院・助教授(精神医学)
2006年3月 千葉大学大学院医学研究院(認知行動生理学)教授
2011年4月 千葉大学子どものこころの発達教育研究センター センター長 (兼務)
2016年10月 千葉大学医学部附属病院 認知行動療法センター長(兼務)

所属学会

日本認知・行動療法学会理事、日本不安症学会理事、日本脳科学会評議員、日本精神神経学会、日本生物学的精神医学会、精神保健指定医、精神科専門医、精神科指導医

主な著書

『ぐるぐる考えてしまう心のクセのなおし方』(2018年 大和書房)
『マンガでわかる アンガーコントロールガイド』(2018年 法研)
自分でできる認知行動療法 うつ・パニック症・強迫症のやさしい治し方 ココロの健康シリーズ『』(2017年Kindle版)
『自分で治す「社交不安症」』(2014年 法研)
『強迫性障害への認知行動療法』(2011年 星和書店) 
『慢性疼痛の治療 認知行動療法によるアプローチ』(2011年 星和書店) 
『認知行動療法のすべてがわかる本』(2010年 講談社) 
『自分でできる認知行動療法』(2010年 星和書店) 

医師発信欄

千葉大学医学部附属病院 認知行動療法センター: http://www.ho.chiba-u.ac.jp/section/cbt/
千葉大学 柏の葉診療所 認知行動療法室: https://www.cocoro.chiba-u.jp/kashiwanoha-cbt/
千葉認知行動療法(有料カウンセリング): https://www.cocoro.chiba-u.jp/chibacbt/
千葉大学大学院 医学研究院 子どものこころの発達研究センター: http://www.m.chiba-u.ac.jp/class/rccmd/
(更新日:2019年8月30日)

同じ疾病を専門とする医師一覧