岡田文彦 医師 (おかだふみひこ)

札幌メンタルクリニック

北海道札幌市東区北十二条東7-17 メディカルセンタービル3F

  • 精神科、神経科
  • 院長、理事長

精神科 神経科 内科

専門

ストレス、不眠、うつ病、パニック障害などの精神科領域

岡田文彦

岡田文彦医師は、的確な診断・治療を行う努力を続けながら、40年以上の臨床経験を積んできた。また「“こころの病”に対する理解を社会に広めることが精神科医の役割」という強い信念を持つ医師である。北海道大学助教授を経て、1996年に同院を開院。うつ病、神経症、パニック障害など“こころの病”に悩む患者が多数訪れる。岡田医師は「病気の苦しさを話すことで、心を落ち着かせる助けになるかもしれない。ここでは周囲を気にせず、来院しやすいムードを作ろうと努めています」と話している。

医師プロフィール

1965年3月 北海道大学医学部 卒業
1971年4月 北海道大学医学部精神医学教室助手
1976年4月 北海道大学保健管理センター講師
1981年4月 北海道大学保健管理センター助教授
1996年 札幌メンタルクリニック院長
(更新日:2014年6月12日)