房室中隔欠損〔ぼうしつちゅうかくけっそん〕

 左右の心室を隔てる心室中隔と左右の心房を隔てる心房中隔がつながっている部分に孔(あな)があいている疾患です。
 心室中隔欠損心房中隔欠損の病態に加えて房室弁の逆流が存在することが多く、心不全がより重篤な病気です。

 治療は利尿薬(尿を多くして余分な水分を体外に出して心臓の負担を軽くする薬)、強心薬(心臓のはたらきを増強する薬)を用いますが、最終的には手術が必要です。
 手術の時期は、肺高血圧や心不全がなければ就学前におこないますが、ある場合にはより早期の手術が必要です。
 手術は孔をふさぐだけでなく、弁のかたちもととのえなければならないので、むずかしくなります。ダウン症候群における心臓合併症のなかで、もっとも多いのが房室中隔欠損です。ダウン症候群では肺高血圧の進行が早いので、アイゼンメンゲル症候群となり手術ができないことがあります。

【参照】心臓の病気:房室中隔欠損
医師を探す