エプスタイン病〔えぷすたいんびょう〕

  三尖(せん)弁が通常の付着位置より右心室側に落ち込む病気です。

 右心室機能の低下と三尖弁で血液が逆流し、肺へ行く血液が減少します。
 症状は生まれた直後から重篤な心不全、チアノーゼ、呼吸不全をみとめ死亡する重症例から、徐々に進行し心不全が思春期にあきらかになる症例までさまざまです。
 治療は利尿薬の投与や手術ですが、重症度により異なります。
 なお、エプスタイン病は国が指定する難病医療費助成制度の対象疾病(指定難病)になっています。
医師を探す