慢性声帯炎〔まんせいせいたいえん〕

 声がかれた状態を放置していたり、喫煙習慣のある女性では更年期以降声帯がはれてくることがあります(ポリープ様声帯)。ひどくなると左右の声帯がふくれて、かぜのたびに呼吸困難になる人がいます。

[治療]
 呼吸困難の場合以外は炎症をとってから手術で摘出します。治療は「声の衛生」にもとづく生活習慣の改善が第一で、吸入療法、薬物療法で改善する場合もありますが、大きくなったポリープ様声帯は一般に手術になります。

(執筆・監修:独立行政法人 国立病院機構 東京医療センター 臨床研究センター人工臓器・機器開発研究部 部長 角田 晃一)
医師を探す