声帯溝症、声帯萎縮症〔せいたいみぞしょう、せいたいいしゅくしょう〕

 加齢により皮膚のしわができると同様に、声帯もやせて(萎縮)、しわ(溝)ができる場合があります。慢性喉頭炎でも、声帯がかたくなり同様の症状をきたします。
 必ずしも高齢者に限りません。左右の声帯がしっかり閉じないため(声門閉鎖不全)、声がれのほかに、ふんばれない、疲れやすい、むせやすいなどの症状も出ます。肺活量が減少して声に力がなくなる場合、症状はさらにひどくなります。

[治療]
 まず音声治療を試みます。改善しない場合、かつてはシリコンの注入やコラーゲンの注入でやせた分をふくらます治療がおこなわれましたが、現在は安全性の面から自家組織(自分の脂肪や筋膜)の注入や自家筋膜移植など声帯を再生させる試みがおこなわれています。
医師を探す