急性咽頭炎、急性喉頭炎〔きゅうせいいんとうえん、きゅうせいこうとうえん〕

 かぜで、のどが痛いときのいちばん多い疾患です。口の中の、口蓋垂(こうがいすい)と扁桃(へんとう)やその周辺と口の突きあたり(咽頭後壁)が赤くなります。37~38℃の熱が出ます。炎症が喉頭(こうとう)にひろがると、声がれや、嚥下(えんげ)障害や嚥下痛を伴います。一般に、ウイルス感染と細菌の混合感染が原因で起こることが多いです。

[治療]
 安静、水分補給、栄養補給が大切です。混合感染に対する適切な抗菌薬とかぜ薬の服用、うがいが有効です。耳鼻咽喉科でのどに薬を塗ってもらい、鼻の処置やネブライザーをおこなうとさらに有効です。
 インフルエンザは、特効薬の抗ウイルス薬が出ており医師の処方で内服が可能です。また、インフルエンザに対しては毎年11月ごろから希望者に予防注射がおこなわれています。100%確実ではなく自費診療になりますが、受験生の場合や毎年冬にかかりやすい人、高齢者は医師と相談して事前に受けることをおすすめします。なお、効果があらわれるのは注射して約2週間後からです。
 季節に限らず、ふだんからうがいをする習慣をつけることと、疲れているときや睡眠不足のときは無理をしないことがいちばんの予防です。
医師を探す