イヌ・ネコ回虫症〔いぬ・ねこかいちゅうしょう〕

 子どもはイヌ・ネコの回虫卵が含まれている公園などの砂場の砂を直接口に入れたり、子イヌと遊んでいて体毛についた虫卵を口に入れて感染します。しかし、最近では幼虫が寄生している地鶏や牛のレバーなどを生で食べて、大人が感染することもあります。幼虫のまま全身の臓器に移行するため、内臓幼虫移行症ともいいます。
 飲み込まれた虫卵は小腸で幼虫となり、腸管壁から侵入した幼虫は肝臓・肺を通って中枢神経系を含む全身の組織にばらまかれます。好酸球(こうさんきゅう)増多、多発性小結節、長びく微熱、肝臓が炎症などではれて大きくなるなどのほか、視力障害、網膜・脈絡膜(みゃくらくまく)部位の炎症、萎縮が起こるなどの眼症状がみられます。
医師を探す