旋尾線虫症〔せんびせんちゅうしょう〕

 春から夏にかけて、多くはホタルイカを内臓ごと生で食べたあとに、強いかゆみを伴った水疱(すいほう)状のみみずばれをみることがあります。摘出標本の虫体断端(だんたん)より旋尾線虫幼虫によるものと考えられますが、この幼虫の成虫および生活史は不明です。いまのところ感染者は日本だけです。イレウス症状(腹部膨満〈ぼうまん〉感、腹痛、下痢)を起こすこともあります。
 医師の診察の際には、必ず生で食べた物を伝えてください。
 旋尾線虫幼虫は、ホタルイカの腸管に寄生していますので、内臓ごと生食しない、加熱調理することが予防として大切です。
医師を探す